ナフィアコンディタル - 純正品であり正規品を取り扱う勃起不全薬の通販サイトをご紹介しております!

性欲減退とEDの関係について

男性は加齢すると、徐々に男性ホルモンが低下してきます。そうすると、次第に性欲も減退してきて、ED(勃起障害)を引き起こすことに繋がります。
アメリカのマサチューセッツ大学による研究報告では、EDの確率は50代が5割程度、60代が6割程度、70代が7割程度と、年代が上がるにつれて、勃起障害の確率も1割づつ増加する傾向が見られるようです。これは、日本の男性においても同じことが言えます。
EDには治療薬があります。それは、PDE5型阻害剤の内服薬です。効き目は、80%弱という高確率です。主なものに、「バイアグラ」「シアリス」「レビトラ」などがあります。
日本ではバイアグラは50?までしか服用が認められておらず、空腹時の方が吸収率が良いため、満腹時は避けるようになっています。また、飲酒も効果が低下するので、過度の飲酒もよくありません。
バイアグラに比べて、シアリスやレビトラには食事の影響は全くないので、食後でも服用が可能です。シアリスの場合、服用後の有効性は約36時間程度です。正しい服用をしていれば、それ以上の有効性も期待できるといわれています。
但し、注意事項もあります。それは、狭心症などでニトログリセリンを服用している人は、ED治療薬を併用すると血圧低下を招くおそれがあります。特に、高齢者の方は気をつけるべきでしょう。
因みに、性欲減退は男性で60代後半、女性で50代後半が最も多いようです。
特に男性は、勃起障害になると「男として終わった‥」などと思ってしまうようですが、ED治療薬が開発されてからは、セックスに対する考え方にも変化がでてきたようです。「生涯セックス三昧」「若返るためにセックスする」など前向きな人が多くなってきているようです。