ナフィアコンディタル - 純正品であり正規品を取り扱う勃起不全薬の通販サイトをご紹介しております!


by チューキック

浮気に対する男女の考えの差

浮気の定義は定まったパートナー以外と情を通じること、したがって夫婦間だけでなく恋人関係においてもありえることです。

また、性交渉を伴わない精神的なものも浮気とすることもありますが、一般的には肉体関係に及ぶものを指すことがほとんどです。

今から60年以上前のアメリカでの調査では、既婚者では男性の50パーセント、女性の26パーセントが浮気をしているとの結果がありました。

ところが最近の調査では、男性は75パーセント、女性は50パーセントが浮気をしているという結果もでています。

日本では2008年に厚生労働省が、過去1年間でパートナー以外と性交渉を持った男性は約14パーセント、女性で約10パーセントであるという調査報告をしています。

こんな面白い調査もあります。

アメリカのある大学で、在学生に肉体的浮気と精神的浮気とどちらが許せないかを質問しました。

すると、男性では61パーセントが肉体的浮気、39パーセントが精神的浮気が許せないと答えました。

それに引き換え、女性の場合は肉体的浮気が13パーセント、精神的浮気は87パーセントと、男女の答えが正反対となっていたのです。

この結果からわかるのは、男性はパートナーに肉体的浮気をされると相手の子どもが生まれ、自分の稼ぎでその子どもを養育することに拒絶反応を示しているということ。

女性では、精神的浮気をしたパートナーが浮気相手のもとに去ってしまい、自分と子どもが取り残され経済的に困難になることを恐れているということだそうです。

そしてこの考え方は、ヒトの動物としての本能的なものであるということなのです。